本文へ移動
 
 
1
0
3
0
5
0

輸送の安全に関する取り組み

防長観光バス株式会社は、運輸安全マネジメントに関する取り組みについて、次のとおり輸送の安全に関する公表を行っております。 

【安全方針】

私たち防長観光バスは、輸送の安全を確保するために全社員が一丸となって以下のとおり取り組んでまいります。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

輸送の安全の確保が事業経営の根底であることを深く認識し、社内においては社長自らが主導的な役割を果たします。また、現場における安全に関する声に耳を傾け現状を十分に踏まえつつ、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を全社員に徹底いたします。 
また、毎月10日を「交通安全日」に制定し、お客様の大切な命をお預かりしているという重大な責務を再認識し、自ら安全意識を高める日としております。 
(1)事業活動においては、お客様の安全輸送を最優先とします。 
(2)安全確保のため、日頃から危険要素の排除に努めます。 
(3)常に安全意識を高く持ち、社会の変化に対応しつつ確固とした体制を目指します。 
(4)万が一事故・災害が発生した場合には、お客様の救護を最優先に行い、他の機関と連携協力を密にし、被害の拡大防止、適切な情報開示、早期復旧に全力を挙げます。 
(5)安全に関する教育、研修等を適時適切に実施します。

2.輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

平成29年目標の達成状況 
(1)重大事故件数 ・・・ 0件      実績 0件 
(2)有責事故件数 ・・・ 10件以内  実績 13件 
(3)駐車場内事故撲滅・・・ 0件
(4)自動車事故報告規則第2条に該当する報告 ・・・ 1件 (無責事故)
平成30年 目標及び重点実施事項
   ○重大事故件数 ・・・ 0件 
   ○有責事故件数 ・・・ 10件以内 
   ○安全確保の重点実施事項 
   ・安全確認の徹底による静止物事故の撲滅
   ・交差点内、横断歩道の安全確保
   ・法定速度、制限速度の遵守
   ・健康起因による事故防止
 平成29年は重大事故の発生はなかったが有責事故件数は13件発生し、残念ながら目標達成には至りませんでした。原因別にみると静止物事故の多発、又駐車場内での事故の多発が確認されました。平成30年においては静止物事故の撲滅を目指し、基本動作の徹底、車両の特性の把握の強化を図り、この種の事故を防いでいきます。又、人身事故防止をはじめ、法定速度・制限速度等の交通ルールを遵守し安全運転に努めていきます。

3.輸送の安全に関する重点施策

   ①安全最優先の意識徹底を図ります。
   ②安全に関する投資を行います。
   ③安全に関する情報を速やかに発信し、情報を共有化します。
   ④教育・研修の充実を図ります。
   ⑤内部監査を実施し、是正・予防措置を講じます。
   ⑥法令点検に基づいた車両の点検を確実に実施いたします。

4.輸送の安全に関する組織体制

別紙1 (輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統) を参照してください。

5.事故、災害等に関する報告連絡体制

別紙2 (事故、災害等に関する報告連絡体制) を参照してください。

6.輸送の安全に関する計画

(1)乗務員教育・研修 
   乗務員年間教育計画を作成し、初任時、適齢時、定期における研修・教育及び関係法令の遵守、ヒヤリ・ハット等の情報収集・共有化を実施し輸送の安全確保に向けた意識の向上を図ります。 
   ・採用時新任教育 
   ・事故惹起者教育 
   ・定期基礎教育 
 
(2)交通安全期間中は社内事故防止運動を実施します。 
   ・春の全国交通安全運動 
   ・夏の事故防止運動 
   ・秋の全国交通安全運動 
   ・年末年始自動車輸送安全総点検 
 
(3)輸送の安全に関する内部監査については、監査部による内部監査を実施し、改善を要する事項があった場合は、「業務改善命令書」に基づいた改善を図るとともにフォローアップ監査も実施し、安全管理の向上に努めています。
 
(4)輸送の安全に関する設備投資 
   ・ASV搭載車両の導入 
(①衝突被害軽減ブレーキシステム②車線逸脱警報③ドライバーモニター 
   ④VSC(車両安定制御システム)⑤車両ふらつき警報) 
   ・モービルアイ導入(後付け衝突防止補助システム) 
   ・安全運転支援システム(SurroundEye)の導入
   ・アルコール検知器代替更新 
   ・ドライブレコーダーの代替更新 
   ・スタッドレスタイヤ購入 等 
 

7.安全統括管理者、安全管理規程

   ① 安全統括管理者 取締役営業部長
   ② 安全管理規程 別紙3 (安全管理規程) を参照してください。

8.行政処分内容、講じた措置等

   なし
TOPへ戻る